投資関連ニュース」カテゴリーアーカイブ

世界の政治状況とニュースから投資予測をする。

 

ご存知の通り、世間の動きと言うのは投資・相場の上昇下降に大きく影響を及ぼします。現時点で分かっている出来事を整理して、予測を立てていきましょう。

2017年の経済イベントを確認して投資のタイミングを探ろう

ZUU Online 2017年2月17日 08時02分 (2017年2月18日 07時32分 更新)

2016年は、年初に中国の株価指数が大幅安したことを受け、初めてサーキットブレーカー (相場が過熱した際に取引を停止する制度) が発動するなど、世界同時株安に見舞われた。6月のイギリス国民投票でEU離脱が決まったり、11月アメリカ大統領選挙では円高株安から一夜にして急激な上昇に反転したりと、資産運用の判断が難しい1年だった。

大統領選挙後からドル高・株高・金利高のいわゆる「トランプラリー」が続いているが、2017年も経済イベントの結果次第では大きくマーケットが動くことが予想される。2017年の経済イベントを確認して投資のタイミングを探ってみよう。

■2017年の経済イベントを確認

世界経済に影響を与える可能性がある2017年のイベントを整理しておこう。

● 1月:ドナルド・トランプ氏が米国大統領に就任
2016年11月に大統領選挙を勝利したドナルド・トランプ氏が1月20日、アメリカ大統領に就任。

● 3月:オランダ総選挙
移民排斥や反イスラムを掲げる自由党 (PVV) への支持が高まっている。党首のウィルダース氏は、EU離脱を問う国民選挙の開催を主張しているが、他党の協力を取り付けるのは難しく、自由党単独政権となる可能性は低いといわれている。

● 3月:アメリカ債務上限の期限切れ
2015年に債務不履行 (デフォルト) のリスクが高まり、期限付きの債務上限の引き上げを実施した。その期限が2017年3月15日までとされている。

● 4~5月:フランス大統領選挙
4~5月にフランス大統領選挙が行われる予定だが、失業率の高止まりなどにより支持率が低迷しているオランド大統領は、再選を目指さないことを発表している。反移民を掲げる極右政党の国民戦線 (FN) のマリーヌ・ル・ペン氏もEU離脱を主張しており、中道右派・共和党のフランソワ・フィヨン氏と争うことになる見通しだ。
http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20170217/zuuonline_139664.html