投資周辺情報」カテゴリーアーカイブ

投資の神様の本質を盗む。

 

実績を出してきた人のエッセンスを吸収するのに言葉は重要なファクターですね。

投資の神様ピーター・リンチが語る「完璧な株の条件」と20のアドバイス=山田健彦

2017年3月5日 ニュース

投資の神様ピーター・リンチが残した名言を紹介します。彼はバフェットに並ぶ有名人で、投資スタイルはファンダメンタルを重視したバリュー投資派。マーケットの流れに逆らって投資する逆張りを得意としています。1977年から1990年の14年間で、2000万ドルだったマゼラン・ファンドを140億ドルにまで驚異的に増やしました。(『資産1億円への道』山田健彦)

「神様」は何をどうして財を築いたのか?個人投資家に贈る名言集

14年間で2000万ドルを140億ドルに増やした驚異の実績

「ピーター・リンチ」をネットで検索すると、たくさんの情報が出てきます。株式投資の世界では、バフェット氏と並ぶ有名人です。1944年生まれで、中学校時代に株式投資に目覚め、ペンシルバニア大学ウォートンスクールの学費は株式投資で稼ぎました。

その後、フィデリティ投信に入り、1977年から1990年の14年間で、2000万ドルだったマゼラン・ファンドを140億ドルにまで驚異的に増やしました。その間の年平均リターンは29%。ファンドの基準価格は13年間で25倍というパフォーマンスを残しました。

投資スタイルは、ファンダメンタルを重視したバリュー投資派で、マーケットの流れに逆らって投資する逆張りを得意としています。リンチ氏は短い言葉の中に投資テクニックの核心を表現できる人ですが、その名言の中で「完璧な株」の条件を挙げています。

ピーター・リンチが挙げる「完璧な株」の条件

面白みがなく退屈な名前の会社
単純な事業を行っている会社
感心しない業種
スピンオフ(分離独立)した会社
機関投資家が保有せずアナリストがフォローしない会社
悪い噂の出ている会社
気の滅入る会社
無成長産業の会社
ニッチ産業の会社
買い続けなければならない商品を販売する会社

投資対象として素晴らしい会社は、一言でいうと「誰からも注目されていない会社」ということのようです。その他にも、数々の言葉を残しています。

投資の神様ピーター・リンチが語る「完璧な株の条件」と20のアドバイス=山田健彦