市況情報は振り回されず何となく押さえる。

 

ニュースそのもので未来の相場が大きく直接動くということはありませんが、なんとなく押さえておくことでひらめくことがあるのです。この「なんとなく」っていうのが大事なんですね。

【市況】【投資部門別売買動向】海外勢と個人の週替わりでの売り買い交代が続き、膠着相場を反映 (2月第3週)

●海外投資家と個人投資家の週替わりでの買い越しと売り越しの交代続き、膠着相場を反映

東証が23日に発表した2月第3週(13日~17日)の投資部門別売買動向によると、トランプ米大統領とイエレンFRB議長の発言で円相場が乱高下する中、日経平均株価が小幅に反落したこの週は、海外投資家が2週ぶりに売り越しに転じた。売越額は763億円だった。年金基金の売買動向を映すとされる信託銀行部門は3週連続で売り越し、売越額は539億円と前週から146億円増えた。

一方、証券会社の自己売買部門は5週連続で買い越し、買越額は前週比52%増の1568億円に拡大した。個人投資家は2週ぶりに買い越したものの、買越額は122億円にとどまった。

自己売買部門の買い越しが続く中、海外投資家と個人投資家は週替わりで買い越しと売り越しが交代しており、膠着相場を反映した格好だ。
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201702230561

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です